ずっと同じではいられない

パーツを紙に貼って構成を考える、の図

今週は比較的、作業スペースで仕事をする時間が長かった。

作業スペースは窓際に作ってあるので、射し込む光も温度もちょうどよくて気持ちよく作業をした。

春分過ぎて、本格的に春ですな〜…と独り言を言っていた(爆)

鋳造したパーツを紙に貼って、周りに描き込みしながらデザインを考えていたら、標本みたいな状態になった。

それを眺めながら、ちょっとこれまでと雰囲気が変わっている気がした。

蜜蝋で作る形というのは曲線の組み合わせが基本となるので、どうしても似通ってきてしまい、作っている本人が飽きてくることがある。

でも、蜜蝋も作ることも好きなので、「まぁいいか」と開き直って作る。

それでも変わっていくんだ、と描いたデザインをみて思った。