末長くいつまでも

ゴールデンウィーク中、必ず一回は田楽をご馳走になる。

 

今年はたけのこもあった。

ちらし寿司とサラダ巻き。

今年は五平餅も。

 

ご馳走してくださるのは私が作家になるきっかけをくださったマダム。

家族ぐるみのおつきあいで、よくご馳走になる。

(家族にはよく、お前はどっちの家の子かわからんな。と言われる…)

 

押絵やパッチワーク、レザークラフトの作家でありながら、喜寿を超えられた今でもたくさんの生徒さんの指導に当たられている。

ご本人は90歳まで頑張られるそう。

作りたいものがまだたくさんあるそうで。

 

単純にすごいなぁ…といろんな面で尊敬している。

私にも作りたいものは当然あるし、深掘りしたいテーマもある。

 

田楽と久しぶりの完全オフで充電できたし、東京の個展でもいろいろ考えることがあって、そのために準備を始めたこともあるのでまた明日から頑張ろうと思う。