2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

端材遊び

Playing with scraps.
Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

鋳造の際に、余裕があれば蝋型に使わなかった蜜蝋を一緒に鋳造しておく。
また、加工中に出た端材も残しておく。

で、細部までイメージが固まっていない作品の試作に使ったり。
「あれ作ってみようかな」と思いたったときに使ってみたり。
並べて眺めて作品のイメージ作りをしてみたり。

最終的には溶かして使ってしまうんだけど、なかなか使いどころはある。

When casting, if there is room, Mitsurou that was not used in the wax mold should be cast together. Also, I leave the scraps from the casting process.

I use them to make prototypes of pieces that I haven’t yet finalized the image of in detail.
I use them when I have an idea of what I want to make.
Or I look at them side by side and try to create an image of the work.

In the end, I melt them down and use them, but they have their uses.



2022年の作品「the garden」を掲載しております。こちらからどうぞ。
「the garden」以前の作品はネットショップ「奏の軌跡」に掲載しております。

展示会への出店はNEWSをご覧ください。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

製作中の様子をinstagramで公開しています。
◆37JEWELRYのinstagramはこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP