2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

今年は大吉

天気がいいので国宝犬山城がくっきり

毎年恒例、犬山成田山での御祈祷。

今年も朝一番の回でほぼ貸切。
天気もすこぶる良くて気持ちが良い。

今年も詠唱されるお経を聴きながら、学生時代に読んだ「炎の蜃気楼」(桑原水菜 著)という小説を思い出してちょっとしんみりしつつ。
(この御祈祷に限らず、真言を聞くと自動的に思い出してしんみりするシステム)

「尻(の筋肉)が痛い…」と悶えながら長い石段を登り、本堂へ参拝後、これまた恒例のおみくじタイム。

今年は「大吉」。
それもすごくいいやつ(嬉)
(あまり吉過ぎて位負けする事がある、とは書いてあった(爆))

昨年は「凶」で、「物事すべて思う様にならない」と書いてあって、職場とか変えるのに…(悲)と思った記憶がある。
(でも、なんのかんのと言っても困った事にはならなかったので良し。)

We had our annual prayer at Inuyama Naritasan.
It was the first session of the morning, and it was almost completely reserved.
The weather was very nice and I felt good.

As I listened to the sutras being chanted this year, I was reminded of a novel I read when I was a student called “Mirage of Flame” written by Mizuna Kuwabara, and felt a little sad.
(Not only in this prayer, but also in the system that automatically makes me feel sad when I hear the mantra and remind it)

I climbed up the long stone stairs, writhing in agony, “My butt (muscles) hurt…” After visiting the main hall, it was time for my customary omikuji.
This year, it was “Daikichi.
A very good one, too.
(I’ve read that if it’s too good, you might lose your rank.Last year’s fortune was “bad luck”, and it said that “everything will not go as you wish”, and I remember thinking that I should change my workplace or something.
(But it’s good to know that I didn’t end up in trouble, no matter what I said.)


作品の発表は2022年春頃を予定しております。
過去の作品はネットショップ「奏の軌跡」に掲載しております。

展示会への出店は現時点で未定です。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP