2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

まだ遠い

豆を撒いて、恵方巻きを食べて、節分を堪能し。
翌日の立春には朝から「立春大吉」を書いて飾り。

日中の陽射しも暖かさを増してきたので、春が待ち遠しい…と思っていたところ、大雪が降った(爆)

お彼岸まではまだまだ気が抜けないらしい。

作品が冷たい。
指先も極寒である(爆)
(金属だから仕方ないけど)

I enjoyed Setsubun, the day before the beginning of Spring in Japan, by throwing beans and eating Ehomaki, that is thick sushi roll.
On the next day, Risshun, the day beginning of spring in Japan, I wrote “Risshun Daikichi” by Japanese ink in the morning and decorated it.
The daytime sun is getting warmer and warmer, and I can’t wait for spring…
But then it snowed heavily.
It seems that we still have a lot of work to do until the farthest shore.
The work is cold.
My fingertips are also extremely cold.
(I can’t help it though, it’s metal)


作品の発表は2022年春頃を予定しております。
過去の作品はネットショップ「奏の軌跡」に掲載しております。

展示会への出店は現時点で未定です。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP