2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

軌跡を振り返る

Looking back on my trail.
Photo by Abbas Tehrani on Unsplash

シリーズ「軌跡」は初期の作品。
蜜蝋の扱いに慣れてきて、探究しまくった時期でもある。

なので、完成形としては荒削りな印象のものもあるけど、この頃にしか出せないユニークさが満載。

初個展のために用意した作品でもあるので(初個展のタイトルは「軌跡」で、100個以上作った)、このシリーズをみると当時の事を思い出して、初心にかえるというか、また頑張ろうと素直に思う。

The series “Kiseki” is my early work.
It was also a time when I was getting used to handling beeswax and exploring it all over again.
Therefore, some of the works have a rough impression as a finished product, but they are full of uniqueness that could only be produced at this time.
This series is also the work I prepared for my first solo exhibition (the title of my first exhibition was “Kiseki,” and I made more than 100 pieces), so when I look at this series, I remember those days, and I honestly feel like I am going back to my original intention, or rather, I am going to do my best again.



2022年の作品「the garden」を掲載しております。こちらからどうぞ。
「the garden」以前の作品はネットショップ「奏の軌跡」に掲載しております。

展示会への出店は現時点で未定です。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

製作中の様子をinstagramで公開しています。
◆37JEWELRYのinstagramはこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP