全てが調和するようにと思いを込めて

緩やかな曲線、急な曲線。
太い曲線、細い曲線。 
空間と軽やかさを意識しながら、それぞれを連続させたり、交差させたりを組み合わせて。
まとう方、デザイン、シルバー...全てが調和し、一つの音楽を奏でるようにと思いを込めて製作しております。

私の作品の多くは蜜蝋を用いた「蜜蝋鋳造技法」を用いて製作しております。蜜蝋鋳造技法の特徴であるひき目模様と様々な曲線を組み合わせることで生まれる造形は、まるで金属に命が吹き込まれたかのようで繊細かつ優しい華やかさを感じさせます。
この繊細で優しい華やかさが、大人の女性の「その人自身が元来持っている素敵な部分」をより強く引き出すと信じています。

《蜜蝋鋳造技法とは》
蜜蝋鋳造技法は明治時代以前から鋳金技法の一種として、佐渡地方を中心に代々受け継がれてきた伝統技法です。
金属製の置物などを作るのに用いられてきましたが、ジュエリーに取り入れられるようになったのは昭和の後期頃から。
佐渡出身の金工家であり、東京芸術大学工芸科の教授でいらっしゃった故・宮田公平さんが中心となって作品を発表されていました。
蜜蝋鋳造技法の特徴であるのひき目模様の出し方、ジュエリーに使えるような軽さとデザインのバランスの取り方が難しいこともあって、この技法を用いてジュエリーを製作する人は今ではごく少数です。

※鋳金(鋳造)とは、砂や石膏で作った型の中に溶かした金属を流し込んで金属を加工する方法の一つです。金属製の調理器具やカトラリー、置物、機械の部品などもこの方法で作られています。

《 蜜蝋鋳造技法の特徴》
貴金属を用いたジュエリーでは、鋳造工程で金属を流し込む型を作る際に、パラフィンワックスで原型を作ることが一般的です。
蜜蝋鋳造技法も原型の作製に蜜蝋を使う点を除けば、方法に大きな違いはありませんが、出来上がるジュエリーで表現できるものに大きな違いが出ます。

パラフィンワックスには彫りなどの加工を施すことができるため、動植物や楽器などをリアルに表現することが可能です。また、デザインによりますが同じものを大量に製造する事が可能です。
これに対し、蜜蝋は彫りなどの加工が適さないためリアルな表現はできないものの、曲げや折りなどの加工には適しているため抽象的な表現を得意とします。
蜜蝋を使用し、様々な曲線を組み合わせて空間を意識したデザインにする事でボリュームを感じさせつつも、身に付けたことを意識させない程の軽さに仕上げる事が可能です。

制作過程のご紹介

作品が出来上がるまでの制作過程をご紹介します。

製作過程1

製作過程1

蜜蝋をひく

蜂の巣から採れる蜜蝋と松の木から採れる松脂。
これらを混ぜて溶かし、人肌にまで冷ますと粘土のように形を作ることができます。
​この状態でゆっくり静かにひっぱると、独特のひき目模様が現れます。
これらは一つとして同じ模様となることはなく、たまに息をするのを忘れるほど真剣にひいていきます。
鋳造に耐えられるギリギリを見極めながらできる限り薄く、また、幅や長さの違うものもひいていきます。

製作過程2

製作過程2

形を作る

まとう方、デザイン、シルバー...
全てが調和し、まるで一つの音楽を奏でるように、と緩やかに曲げたものや急に曲げたもの、太いものや細いものを連続させたり、交差させたりして形を作っていきます。
ひき目模様の美しさや形の美しさだけでなく、完成した時の重さにも気を配ります。
また、身につけた時に行動を制限する部分はないか、十分な強度があるか等も考えながらデザインと実用性のバランスを見極めていきます。

製作過程3

製作過程3

蜜蝋からシルバーへ(鋳造)

形を作ったら石膏液の中に沈め、溶かしたシルバーを流し込むための石膏型を作ります。
石膏型は電気炉で半日以上かけて焼き固めます。
沈めた蜜蝋は電気炉の中で燃えてなくなり、蜜蝋で作った形の空洞ができます。
この空洞の中に溶かしたシルバーを流し込むことで、蜜蝋で作った形のシルバーが作られます。
流し込んだシルバーが熱いうちに型ごと水の中に入れて、型を壊して取り出します。(毎回とっても緊張します...)​
この工程で得られたものに必要であればパーツや石を取り付け、研磨して作品の完成です。

製作者について

プロフィール

37 JEWELRY

37 JEWELRY

蜜蝋ジュエリーアーティスト 佐橋美名

1983年 愛知県生まれ

幼少期から手仕事に興味を持ち、お菓子作りやフェルト小物作り、ビーズ細工などあらゆる事に挑戦。
宝石店のチラシを使ったお店屋さんごっこに夢中だったのは、ジュエリーアーティストになるための伏線だったのか…?(と思ってみたりして)
 
家族ぐるみの付き合いであるレザークラフトの作家に連れられて訪ねたギャラリーで、シルバーアクセサリーの個展を見て彫金に興味を持つ。
体験教室に行くものの、学生だった事もあり、興味を持つだけで終わる。
この頃、カリグラフィーにとても惹かれて、関連する書籍をよく読んでいたのは、蜜蝋ジュエリーアーティストになるための伏線だったのか…?(と思ってみたりして)
 
美容またはファッションの分野に進むか、化学の分野に進むかで悩んだものの、結局は化学の分野を選んでそのまま化学分析の職に就く。
しかし、職場の都合で一年で退職。
その後、念願だった研究及び製品開発の職に就くものの、職場に馴染めず無気力な日々を送る。
 
再就職から3ヶ月程経ち、退職を考え始めた頃にせん彫金工房を紹介され、森千明氏に師事する事を決める。
森千明氏の指導の元、彫金技法の習得及び作品作りを開始するとともに、再就職先での状況も好転し始める。
途中、祖父母の介護で両立が大変な時期もあったが、研究及び製品開発の職を続ける傍ら、作品作りにのめり込む日々を送る。
 
2013年から作品を発表し始め、師匠である森千明氏に背中を押される形で2014年10月 初個展「軌跡」を開催し、その後独立。
以降、毎年個展を開催し、作品を発表している。
 
持ち前の旺盛な好奇心とものにするまでやり続ける根気強さが功を奏し、また、人にも恵まれて、写真やデザインを始めとした他分野の知識及び技術も習得。
現在は、表現方法の幅を広げつつ、作品作りにエネルギーを注ぐ日々を送っている。
 
 

日常で目にするあらゆるもの(風景、動植物、造形物、文字などジャンル問わず)から美しい形を見つけ出すこと、また、それらをリソースとして自ら美しい造形を生み出すことがライフワーク。

 

◆出展履歴
2013年 作家活動をスタート、彫金 三人展(アルティストビラージュ / 岐阜県多治見市)
2014年 個展「軌跡」(風の実 / 愛知県江南市)、個展を機に独立
2015年 個展「present」(スペースU / 東京都目黒区)、二人展(コントレール / 愛知県江南市)2017年 個展「約束」(スペースU / 東京都目黒区)、個展「pieces」(風の実 / 愛知県江南市)、4人展(コントレール / 愛知県江南市)
2018年 個展「宝島」(スペースU / 東京都目黒区、風の実 / 愛知県江南市)
2019年 個展「その傍に」(風の実 / 愛知県江南市)

 

作品を動画でご紹介しております。
オンラインギャラリー(YouTube)

ご提供中のサービスについて

ご案内

オーダーを承っております

オーダーを承っております

オーダー

ご希望に応じて、楽器や動植物などのモチーフや誕生石などを自由に組み合わせ、「あなただけの特別な一点」をお作りします。

 

詳細はこちら

お客様のご感想はこちら

作品を販売しております

作品を販売しております

ネットショップ 奏の軌跡

作品をネットショップ「奏の軌跡(カナデノキセキ)」にて販売しております。

 

ネットショップ「奏の軌跡」はこちら

お客様のご感想はこちら

お問い合わせについて

お問い合わせについて

お問い合わせ

こちらのお問い合わせフォームにご記入いただきお送りください。

お問い合わせフォームはこちら

48時間以上経過してもこちらからの連絡がない場合はお手数ですが、再度上記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、ネットショップの更新や展示会への出展などの情報をニュースレターでご案内しております(不定期・年に数回程度)。

ニュースレターのご購読はこちら