2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

ご来場いただきありがとうございました

Thank you for coming.
蜜蝋ジュエリーアート展 愛知会場の様子

蜜蝋ジュエリーアート展 愛知会場が無事閉場。

梅雨入りの時期も重なり、また、初日の前日、前々日と大雨だったのでちょっと心配だったけど、期間中はお天気に恵まれてとってもありがたかった。
今回の愛知会場は既存のお客様のご紹介でご来場いただいたお客様が多くて、それがとってもありがたかった!

SNSでこんな素敵にご紹介くださったお客様も。
★世界にたった一つだけの…

地元の新聞のイベント欄にも告知記事を出したこともあって、それを見て来ていただいた方にすごい経歴の方がいらっしゃって恐縮する面もあった(爆)

ご紹介くださったお客様、ご来場くださったお客様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
また次回も頑張れます。

これで2018年の蜜蝋ジュエリーアート展は無事に終了いたしました。
東京会場、愛知会場ともに来てくださった方々はもちろん、応援くださった皆様、本当にありがとうございました。

蜜蝋ジュエリーアート展で発表した作品は、今後、ネットショップに掲載していきます。
会場でご覧になれなかった方はこちらでお楽しみください。
ネットショップ「奏の軌跡(カナデノキセキ)」

Mitsurou Jewelry Art Exhibition in Aichi was successfully closed.

I was a bit worried because of the rainy season and heavy rain the day before and the day after the first day of the exhibition, but we were very thankful for the good weather during the exhibition period.
Many of the visitors to the Aichi venue this time came to the show through referrals from existing customers, for which we were very grateful!

A customer introduced me on SNS in such a nice way.

There was also an article in the local newspaper announcing the event, which made me feel a bit sorry for some of the visitors who saw it and came to the event because of their amazing backgrounds.

Thank you very much to all the customers who introduced us, to those who came to the event, and to everyone who supported me.
I can do it again next time.

With this, the 2018 Mitsurou Jewelry Art Exhibition has come to a successful conclusion.
Thank you so much to everyone who came to both the Tokyo and Aichi venues, as well as to everyone who supported me.

I will be posting the works presented at the Mitsurou Jewelry Art Exhibit in my online store.
If you were not able to see them at the venue, please enjoy them here.



作品はネットショップ「奏の軌跡」に掲載しております。

展示会への出店はNEWSをご覧ください。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

製作中の様子をinstagramで公開しています。
◆37JEWELRYのinstagramはこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP