世の中はそんなもの、らしい

Photo by Marvin Heilemann on Unsplash

他人の目になって、私自身を見るというのは叶わないのでは?と思うことがあった。


自己嫌悪や卑下してるつもりはなく、有名無名関係なく「すごいなこの人」と思わされる人なんてこの世にごまんと居るわけだし、私自身が突出しているものがあるタイプでもないと思っている。

ある話題の中で、突如として「ジュエリーを作っているあなたに、身につけているジュエリーなりなんなりを褒められたら、嬉しくて思わず周りに言うと思うわ」と言われて。
「そんな、言い過ぎだって!」と苦笑いしながらも、胸の内で「へー…そんなものなのか…」とびっくりした(爆)
(だって、そんなに有名なわけでも売れてるわけでもないから)

「客観的」という言葉は本質を突けてるのか?と思ってしまった。


…ということで、また来週。


作品はこちらでご覧いただけます。
◆ネットショップ「奏の軌跡」はこちら

最新情報をSNSとニュースレターでご確認いただけます。
◆Facebookページはこちら
◆Twitterはこちら
◆ニュースレターのご登録はこちら