夜の魔力

Photo by Alexandra Vozvyshaeva on Unsplash

一年で一番集中力を発揮する時期は「冬の夜」だったりする。


(ただし、朝から昼頃までは「冬眠」状態だけど(爆))

通常は22時前には就寝して翌朝6時に起きる、というリズムの生活で、寝つきは良い。
布団に入ったらその後の記憶がないくらい。
(いわゆる「おやすみ3秒」。そして放っておけばいつまででも寝ている…)

でも、今週はなんとなく寝つきが悪くて…いつも通りの時間に布団に入るけども実際に眠るのは翌朝4時頃。
でも眠いから、いつもの時間に目覚まし鳴ったけど止めちゃって寝てしまい、出かける時間に目が覚めて全力疾走する羽目になったことも(爆)
(目覚まし(スマホに内蔵)の音を大好きなドラマ「相棒」のテーマにしたら起きれるんじゃ…と思って変えてみたけども。結果はいかに。)


で、それが一週間続いたところで「しょうがないからどうしようか…」と思った時に、たまたま昔の知人のことを思い出したので、その人のブログを読んだ。
(スマホ見ちゃうと、ブルーライトの影響で余計寝れないだろうよ…というのは承知の上で)
そうしたら、ここ数年の出来事や受けたコンサルの内容を振り返った上で、これからこうしようと思っている、というようなことが書かれていて。
そういえば私もここ数年継続して出ている勉強会の内容について、まとめたノートを作ろうと思っていたので、「じゃ、今からそれやろう」と。


で、勉強会の中でメモをとっているノートを引っ張り出しては中身を読み、「ふんふん、なるほど。そういえばそうだった…」なんて思いながら、項目に付箋を貼りながらデスク横に積み、まとめるためのノートをネット通販で注文。
同時に、もう読まないであろう資料は別にデスクの横へ積む、という作業を2時間程度。


やったのはいいけど、翌朝は流石に後悔した(爆)
身体の疲れはとれてないし、眠気はひどいし…で、デスク横に積まれたものを見た瞬間に嫌気がさすという自体に…
(元に戻すのも面倒臭い…)
夜に書いた文章は、翌朝読み返すと非常に恥ずかしい…という体験をした人がいると思うんだけど、夜とか夜中というのは正気を失わせる力があるらしい(爆)

…気をつけよう。

しかし、片付けないと他の作業ができないので、夜な夜なノートまとめに精を出している。
が、他の季節の時に比べてやはり、筆の進みはすこぶるいい。


…ということで、また来週。


作品はこちらでご覧いただけます。
◆ネットショップ「奏の軌跡」はこちら

最新情報をSNSとニュースレターでご確認いただけます。
◆Facebookページはこちら
◆Twitterはこちら
◆ニュースレターのご登録はこちら