2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

ネギを背負った鴨、もしくはミイラになったミイラ取り

Photo by Tamanna Rumee on Unsplash

作品の紹介文を書くのに、ファッション誌を参考に…と思っていたら、うっかり掲載されていた洋服を取り寄せてしまった(爆)
(結構いいお値段がした…)

「当初の目的から思いっきり外れとるやないの…」と思いつつ、着る日をとっても楽しみにしているので良しとする。

工具とかパーツのカタログも危険である(爆)
見ているだけで楽しくなっちゃって、使う予定がなくても気が付いたら取り寄せている…という事もある。
大体の場合、反省と後悔は一瞬で霧散する。
(あかんやつやん)

I thought I would use a fashion magazine as a reference to write an introduction to my work… I was just trying to be helpful but inadvertently ordered the clothes that were featured in the magazine.
(They were quite expensive…)
I thought, “This is totally out of line with my original purpose…”
But it’s OK, because I’m really looking forward to the day when I can wear it.
Catalogs of tools and parts are also dangerous.
Just looking at them is fun, and sometimes I find myself ordering them even if I don’t plan to use them….
In most cases, my remorse and regret dissipate in an instant.
(That’s not a good thing.)


2022年の作品を掲載しております。こちらからどうぞ。
2020年以前の作品はネットショップ「奏の軌跡」に掲載しております。

展示会への出店は現時点で未定です。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

製作中の様子をinstagramで公開しています。
◆37JEWELRYのinstagramはこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP