果報は寝て待て

Photo by Kate Stone Matheson on Unsplash

二度寝して起きたら夕方だった(爆)


(起きた瞬間、いつかわからなかった…)
暇になると余計なことを考えて落ち込む性分だったので、暇にならないように退屈しないようにスケジュールを詰め込んでいた20代。
(祖父母の介護の手伝いで、詰め込まなくてもスケジュールはパンパンだった時もあった)
将来が不安で仕方なくて、何かしておかないと、何かを手にしておかないと!とあれこれ手を出し、寝てるのが勿体無い!なんていう時もあった。
(でも、頻繁にエネルギー切れを起こして寝込んでた。真面目なのか、バカなのか)

しかし、そんな生活もできなくなって今は暇さえあれば寝てしまうことにしている。
あんまりにも寝るんで、腐るぞ!と家族には叱られてますけども(爆)、寝たほうが調子がいい。
だって、寝る時間を確保するためには生活も思考もシンプルにする必要があるから、結果的にいろんな面で楽だし効率的。
「勘所(直感?)」みたいなものも働くようになった気がする。

状況なんて一刻一刻変わっていくし、今までいろんな「まさか」が起こったけどもなんとかなってきたし、してきたし。
起こるかどうかもわからんことを妄想して不安になって、要るかどうかもわからない対策立てても疲れるだけ。
そんなことしなくても大丈夫。


…ということで、また来週。


作品はこちらでご覧いただけます。
◆ネットショップ「奏の軌跡」はこちら

最新情報をSNSとニュースレターでご確認いただけます。
◆Facebookページはこちら
◆Twitterはこちら
◆ニュースレターのご登録はこちら