YESとNOの狭間で揺れる

お気に入りの名古屋市中区栄のカフェ「CUPPA(カッパー)」にて

欲望のおもむくままに洋服を買ったので、クローゼットとタンスの中身を整理した。


こんなに買ったのは数年ぶり。
これ着たい!と思える服になかなか出会えず、悶々としつつ、家族にも「またそれ着てるの?」と言われつつも持っている服でしのいでいた期間が長かったのですごく嬉しい。

洋服に限らず、道具とか材料、資料とかもあまり数を持ちたくない質なので、クローゼットや洋服タンスの中がギッチギチに詰まっている状態にはしない。
(数が多くなると管理できないのに気が付いた)
だから半日ぐらいで終わるのでは?と思っていたのだけども、甘かった(爆)

年末も近いのでクローゼットの中は掃除もしてしまおう!不用品も処分してしまおう!と一石三鳥的に目論んでクローゼットとタンスの中身を全部出したのが運の尽きだったのか、気がついたら10時間以上経ってるという…(爆)

洋服の整理と不用品の処分、クローゼットの中の掃除も日を跨ぐこと無く終えられたけど、最後の方は腰から膝裏までが痛くなってしまい…
(しかも転んだり、家具にぶつかったりするという…)
中盤以降はヨレヨレの半泣き状態で「いつ終わるんだこれ…」と絶望的な気分で自分を叱咤しつつ(爆)、終えた頃には放心状態だったけど。
(翌日は全身が痛かった…)

洋服やその他不用品の選別をしていて毎回思い、反省することといえば、自分の感覚がはっきりと「YES」と言わないものはどんなにいいものであっても、すぐに不用品になってしまうなぁ…ということ。
「(今は使わない可能性が高いけど)買っとくといざという時いいかも」という根拠の乏しい損得計算をして買った(もらった)もの、家族や知人が持ってくる「使えるんじゃないかと思って買ってきた(もらってきた)んだけど」というものはこうなる確率が高い(爆)
「断る」、「捨てる」という行為に罪悪感がでる質なので、こういうことに関してはいかにはっきりと「NO」が出せるかが勝負ではあるが…


…ということで、また来週。


作品はこちらでご覧いただけます。
◆ネットショップ「奏の軌跡」はこちら

最新情報をSNSとニュースレターでご確認いただけます。
◆Facebookページはこちら
◆Twitterはこちら
◆ニュースレターのご登録はこちら