吉凶は競うもんじゃないけど

毎年恒例の犬山成田山への参拝へ行ってきた。

朝イチを狙っていくので…まだ夜は完全には明けていない…

人混みが苦手な我が家、その日の初回のご祈祷時間に合わせて出かけていく。
幼い頃はご祈祷の時間が非常に長く感じたものだけど、今はあっという間に感じる。
(何言ってるのか今も半分以上わからないので、お坊さんの声はいい声だなぁ…とボーッとしながら聞いている(爆))
この日は我が家を含めて4組。

未だかつて、ここの屋台で買い物をしたことがない…

ご祈祷が終わると、100段ぐらいある急な石段を、尻が痛い〜だの腰が痛い〜だの腿が痛い〜だの息が切れる〜だの文句を垂れながら、上がって行って本堂を参拝。

お線香を立てるのに失敗し、火傷…目は覚めましたが(爆)

もう何十回と参拝しているにも関わらず、この本堂に両脇にも小さなお堂があることを知る(爆)

参拝が終わったら、本堂横の受付のところでおみくじを引く。
いつもは箱の中に手を入れて、自分で選ぶタイプのおみくじを引くんだけど、今年は昔ながらの木製の筒を振って番号の書かれた棒を出すタイプがあったので、そちらに。
(ああいうのの方がテンションが上がるタイプ)

「今年の運勢はいかがでしょうか…」とお伺いを立てながら出たのはこれ。

おみくじって、運試しじゃない…とはわかっていても、大吉の文字を見て思わずガッツポーズを(笑)
(父が吉凶を競ってくるからな…癖になってしまったらしい(爆))

「結果が出るのが遅いので根気よくやりなさい」という様な内容が書いてあった。
この内容を見て、「そうか、結果が出るのは遅いのか…大吉だけど、手放しでは喜べない大吉か」と、昨年までの私なら思ったな、と。
今年はもう、私にとって大事な人やモノ・コトを大事にするし、みんなそれぞれ無事に過ごせればそれでいい、と。


…ということで、また来週。


作品はこちらでご覧いただけます。
◆ネットショップ「奏の軌跡」はこちら

最新情報をSNSとニュースレターでご確認いただけます。
◆Facebookページはこちら
◆Twitterはこちら
◆ニュースレターのご登録はこちら