ままならないもの

庭の石蕗(ツワブキ)

やっとこさ日常のリズムを取り戻してきたので、新作発表および個展に向けた作品作りを始めたところで気が付いたことが一つ。


夏場と冬場の鋳造スペースは作業環境的に厳しいものがあるので(倉庫の一角、換気はできるが冷暖房なし)、できる限り夏場と冬場に鋳造しなくていいようにしよう…と思って年間のスケジュールを立てているはずなのに、思うようになっていないのは何故なのか(爆)

今年は新型コロナウイルスの影響で、春先まで休業していたから冬場の鋳造作業はなかったけど、例年通りだと5月末の個展が10月末になったので、夏場の鋳造作業は避けられなくなってしまった…

でも、振り返って見ると個展の後にはオーダーをいただいているので、毎年夏場は「暑い!」と全身汗だくになりながら鋳造はしているのであって…という事に気づいて、諦めた(爆)

今年は冬場も「寒い!」と鼻を垂らしながら鋳造するんだろうか…(遠い目)



最新情報をSNSとニュースレターでご確認いただけます。
◆Facebookページはこちら
◆Twitterはこちら
◆ニュースレターのご購読はこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP