2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

PCの画面越しでなく

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

遠方に住む作家仲間が名古屋市内のイベントに出店するという連絡をくれたので、会いに行ってきた。

ここ数年はコロナの事もあって、家族や勤務先の関係者以外で実際に人と会う事がなかったので、すごく新鮮だったし、すごく嬉しかった。
ZoomなどでPCの画面越しに顔を見ながら話をする友達も何人かいるけど、やっぱり実際に会って話すのもいいなぁ、と思って。
会場に向かう道すがら、手土産は何にしようかなぁ…と楽しく悩みつつ、それもまた新鮮で。

来年からは実際に人に会いにいく機会が増えればいいな、と思っている。


An fellow artist of mine who lives far away contacted me about opening a booth at an event in Nagoya City, so I went to meet her.
Because of Corona, I hadn’t met anyone in person in the past few years, except for my family or people related to my office, so it was very refreshing and I was very happy.
I have a few friend that I talk to face-to-face through a computer screen by using communication application like Zoom, but I thought it would be nice to meet them in person.
On the way to the venue, I was happily wondering what souvenirs I should buy, which was also refreshing.
I’m hoping to have more opportunities to meet people in person next year.



作品の発表は2022年春頃からを予定しております。
展示会への出店は現時点で未定です。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP