そういう巡り合わせ

Photo by NORTHFOLK on Unsplash

これまでとは勝手の違う案件に関わって早3週間。

あと少しでゴールだ、と思ったところで力尽きた今週末…
もうこれはお約束、というべきなのか。

風邪引いた(爆)
(今年は一体このパターンで何度風邪を引くのか…(爆))

明日は久しぶりに関西方面へ出かけるので、大人しく寝込んでなんとか小康状態まで持って行ったのだけど。

今年は下半期の始まりから、これまで関わったことのない種類の案件に関わることが多くて、いまいち勝手がわからん…と思いつつも面白いので、のめり込むように関わっているのだけど。
(そして、この「のめり込み方」もこれまでのパターンと異なっていて個人的に興味深い…)

まだ11月も始まったばかりなので、今年の総括をするにはだいぶ早い気もするのだけど、手元に届いた来年のカレンダーやら手帳を見てしまうと振り返らずにはいられないもので。

思えば今年は、しがらみになってしまった縁が切れ、自分自身を縛る鎖やら枷となってしまった長年の想いに踏ん切りがついた「解放の年」だったなぁ…と思う。

解放されてしまえば、「(自分も相手も)なんであんなにしんどいことにわざわざしていたのか…」と思ったりもするのだけど、渦中の最中はそんな事は思いもしないわけで。

そういう巡り合わせだったんだ、と思うしかないのが関の山。
(だって、私も相手も誰もが良かれと思ってやっているからそうなったんであって、誰も悪くないんだもの…(爆))

と刻み込まれるように思った年だった。

ちなみに昨年は「如何しようも無いのは、本当に如何しようも無い…(遠い目)」と諦めがついた年だった…(爆)
(うん、散々だったわ(爆))

今月の後半からまた軌道に乗せていかないといけない案件が待っているし、楽しみにしているイベントごともいくつかあるので、体調管理には気をつけたいところなんだけど…

また年末ごろに気を抜いて風邪ひきそうだな…(爆)



…ということで、また来週。


作品はこちらでご覧いただけます。
◆ネットショップ「奏の軌跡」はこちら

最新情報をSNSとニュースレターでご確認いただけます。
◆Facebookページはこちら
◆Twitterはこちら
◆ニュースレターのご登録はこちら