2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

早速…

Photo by NeONBRAND on Unsplash

諸々の基本を確認しながらやるかと、先週書いた

そのせいか、さっそく鋳造工程の見直しが必要になってしまった(爆)

先週までに用意していた(もっと前から用意していたものもあった)蝋型の鋳造をしたものの、うまく行かず…
(いくつかのポイントで「あれ?」と思うことはあった)
そのほとんどが無駄になってしまって、「今じゃなくていいんだ、今じゃなくて…」と唖然としながら呟く羽目に(爆)

こちらのページで紹介している通り、鋳造工程において、石膏で型は作るものの、その型は壊さないと取り出せない。
だから、成功しようが失敗しようが同じものは二度と作れない。

蜜蝋だって同じ引き目模様は出せないし、形だってその時限り。
だから可能な限り成功させないと物心両面で割に合わないので、毎回緊張しながら取り掛かる。
(記録も取るし、定期的に見直してもいるのだけど…)

とは言いつつも、数年はやっているわけなので慣れて甘くなってた部分は確かにあるし、原理的にはそうだとわかっているんだけど、実施にこれでいいのか…?と言う部分もある。
(その部分については、今回の鋳造の後に、実験してみて「あ〜、そう言うこと…?!」と言う発見があった。)

よって、この際にまとめて諸々見直し、改めて作品を作りたいと思い、勝手ではありますが、5月の発表分は11月に延期とさせていただきます。



2021年の作品発表は11月を予定しております。
展示会への出店は未定です。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP