2022年の作品「the garden」の掲載を開始しました

時代についていく方法は人それぞれ

Everyone has their own way of keeping up with the times.
Photo by Ethan Robertson on Unsplash

ネットショップでマニアックな買い物をした時、ホームページやDMを作っている時…など。
個人でこなす事の出来る範囲がすごく広がって、本当に便利な時代になったとよく思う。

私が成人した頃を思うと、諸々の発展について心からすごい事だな、と思う。
ということを暑中見舞いの原稿を印刷会社さんにさんに入稿した後、思ったので、何気なく家族に言ったところ、「ついていける人にとってはとっても便利だよね」と返ってきた。

が、しかし。
「(自分が)ついていけなくても、ついていっている人を上手に使う」能力に長けている我が家族。

それはそれですごい事なのでは。

When I buy a maniacal item at an online store, when I make my website or a DM…etc….
I often think that the scope of what we can do as individuals has expanded so much, and that we live in a truly convenient age.
When I think back to when I came of age, I am truly amazed at all the developments.
I thought about this after submitting the manuscript of my summer greeting card to the printing company, and casually mentioned it to my family, who replied, “It’s very convenient for those who can keep up with it.
But, however.
My family is very good at “using those who can keep up with us, even if we can’t keep up with them.
Isn’t that a great thing?



2022年の作品を掲載しております。こちらからどうぞ。
2020年以前の作品はネットショップ「奏の軌跡」に掲載しております。

展示会への出店は現時点で未定です。

最新情報をニュースレターでお知らせします。
◆ニュースレターのご購読はこちら

製作中の様子をinstagramで公開しています。
◆37JEWELRYのinstagramはこちら

Sabao(37JEWELRY)

Sabao(37JEWELRY)

ジュエリーデザイナー。幼少期から手仕事に興味を持ち、2013年より作品を発表。造形の「キレイなもの、美しいものを作りたい」という考えの下、「キレイ、美しい」とは何なのかを考えることがライフワーク。

関連記事

TOP